株式会社カラー

庵野秀明公式
ウェブ

庵野 秀明(あんの ひであき)

脚本・監督・プロデューサー等

1960年5月22日 山口県宇部市にて誕生 双子座のA型 株式会社カラー代表取締役

私立和光幼稚園、宇部市立鵜ノ島小学校、同市立藤山中学校を卒業。幼い頃から色々なマンガ、アニメ、特撮、戦記物等の魅力に次々と、とりつかれる。幼い頃から絵を描くのが好きだった。

中学時代は美術部に所属。基礎デッサンもせず、マンガと油絵を描く日々が続く。

1976年、山口県立宇部高校に入学。地元では有名な進学校だったが入学式の時、もう無駄 と感じる勉強はしないと決意。美術部にて、ひたすらマンガやアニメ・特撮モノ、地学部天文斑にて星の観察、友人との麻雀等に没頭する。各種試験の結果は8点から98点までと好き嫌いによって振幅が激しく、学校からは問題児とされる。その中でも特に英語は中1の時担当の先生に反発して以来、ほぼ赤点をキープ。だが、予め答えを教えてくれているありがたい追試験のお陰で無事、卒業。なお、この年から大学入試制度が激変し、共通 一次試験(当時)が導入される。試験5科目の中に英語が入ったため、大学受験に関する一切の興味をなくし、更に勉強をしなくなる。

高2の時、貯金をはたき念願の8ミリフィルム機材を購入。学校の文化祭展示用の実写 特撮やセルアニメ等を作成。とにかく、おもしろかった。以降、フィルム作りの快感と魅力にとりつかれる。大学浪人中には、友人らと自主制作グループSHADOを結成。ペーパーアニメの魅力にとりつかれる。

高校卒業後、すぐに普通運転免許習得。が、その一年後から結婚までほぼペーパードライバーとなる。免許証は失効と再発行をひたすら繰り返すハメに。浪人中も全く受験勉強をせず、朝夕の新聞配達等のバイトや麻雀、「機動戦士 ガンダム」本放送の録画等、マンガやアニメに明け暮れる。「とにかく大学に行ってくれ」という両親や進学率を下げたくない高校の要望により、ようやく受験の準備、重い腰を上げる。無作為に取り寄せた資料の中に学科試験無し実技のみという、私立大阪芸術大学を発見。更に、映像計画学科(当時)の試験内容が絵コンテということを知るに至リ、安心してなおも遊び続ける。

1980年、「ウルトラマン80」放映の年、先の大学に無事入学。在学中に、山賀博之・赤井孝美氏らと知り合い、共に課題用の作品等を制作していく。2回生の時、友人に誘われ第20回日本SF大会大阪コンベンション(通称 DAICON III)のオープニングアニメーションの制作に参加。共同作業としてのフィルムやイベント制作の魅力にとりつかれる。

1982年、日本初のSF専門店ゼネラル・プロダクツの設立に伴い、各種グッズのイラスト等を手伝う。原稿料は日々の生活費に消える。グループというものが持つ様々な魅力にとりつかれる。

第22回日本SF大会の宣伝とスタッフ育成のため制作された、DAICON FILM作品群に参加。自主制作とはいえ、監督という重圧と大人数による本格的な作品作り等に圧倒され、コミュニケーションの難しさや挫折を味わう。

その後、「DAICON III OPA」を観たスタジオぬえの面々からのお誘いと板野一郎作画監督の人柄と仕事に惹かれTV版「超時空要塞マクロス」に参加。スタジオや板野氏のアパートで寝泊りしつつ、貴重な経験を得る。制作現場の異常な魅力にとりつかれる。 貞本義行・前田真宏氏と知り合ったのもこの頃。

そして1983年、第22回日本SF大会大阪コンベンション(通称 DAICON IV)のオープニングアニメーション(山賀博之監督)に参加。改めて、フィルム完成やイベント終了の魅力にとりつかれる。

自主制作作業で忙しく、大学には顔を出さずそのまま学費を払わないでいたら、いつの間にやら放校処分。それを機に東京へ就職活動。結果 、宮崎駿監督に「風の谷のナウシカ」(’84)の原画として採用される。それを頼りにカバン一つで上京。またもスタジオに寝泊りしつつ、続けて「劇場版 超時空要塞マクロス」(’84 石黒昇・河森正治監督)に参加。その時知り合った増尾昭一氏に誘われ、フリーのアニメーターが集まる、スタジオ・グラビトンの設立に参加。当初のメンバー、西島克彦・伊藤浩二氏らと共に机を並べる。今度はそこで寝泊りしながらお金がなくなったとき、好きなときだけ仕事をするという、自堕落な日々にとりつかれる。摩砂雪、樋口真嗣、大月俊倫氏と知り合ったのもこの頃。移動には、宮崎氏に貰った原付を使っていた。

1984年、大阪時代の仲間が集まった劇場用映画「王立宇宙軍」の製作を目的とした株式会社ガイナックスの設立及び同パイロットフィルムの制作に参加。スタジオは高田馬場のマンションの一室に設置される。プレゼン終了後の取材旅行で、初の海外旅行を経験。スペースシャトルの打ち上げとアメリカ大陸横断により、世界の広さを多少は知る。英語を勉強しておけば良かったとつくづく後悔。だが、成田空港に戻ると同時に忘れる。

1986年、約1年半のシナリオやデザインワークを経て、「リイクニの翼・王立宇宙軍(当時)」(’87 山賀博之監督)が、本格的な作画制作作業に移行する。大人数のスタッフを収容するため、スタジオも吉祥寺に移動。そこでスタッフの斡旋やメカデザイン、作画監督等を担当する。一本の映画を作る作業、そしてアニメーターとしてアニメの魅力に改めてとりつかれる。この頃ようやく、アパートを借りる。

「オネアミスの翼・王立宇宙軍」公開後、ガイナックスから少し離れ、主に仲間が増えて引っ越したスタジオ・グラビトンにて仕事をする。が、監督不在のまま停滞していたビデオ用企画「トップをねらえ!」の第2話の脚本(山賀博之作)をたまたま読んで感涙。悩んだ挙句、監督立候補を決意。だが、諸般の事情で制作開始は延期され、「火垂るの墓」(’87 高畑勲監督)に参加。延べ一ヶ月をかけて描いた重巡摩耶が画面では真っ黒に塗りつぶされ、落胆を覚える。

1988年、オリジナルビデオ作品「トップをねらえ!」(’88)で本格的商業作品を監督。いままでにない色々な事を経験し、休む間もなく諸般の事情からTVアニメ「ふしぎの海のナディア」(’90)の総監督を引き受け、そのまま色々な事をいっきに体験。TVシリーズの恐ろしさを身をもって知る。鶴巻和哉氏と知り合ったのもこの頃。

1991年、放映終了後も前作品を引きずり、次回作に移れない何も出来ない日々が続く。各種企画を自他混合で次々と立ち上げるものの、立ち消え、意図的消滅等の日々が続く。その中でようやく形となり、作画作業まで進んでいた劇場用映画「蒼きウル」のやむない凍結で、ひたすら焦燥感だけが空回りした日々が終わる。スキューバ・ダイビングやスキー等、人並みの一般的な趣味を、いきなり始めたのもこの頃。

凍結決定の前後、たまたま別件で久しぶりに声をかけてきた大月氏と、オリジナル原作によるTVアニメの必要性で意見が一致。彼の「何でもいいから企画を持ってきたら通すよ」の一言から始まり、TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(’95)を監督。これまでにない様々な貴重な経験をし、放映終了後、壊れる。

1996年、雪の残る竜飛岬、宗谷岬、礼文島等をサンダルで一人旅。ただ、時が過ぎる日々が続く。友人や仲間の支えにより、半年後になんとか復活し、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」(’97)を総監督。春公開に間に合わなくなるという、さらなる挫折と貴重な経験を得ると同時に、新たなデジタルカメラによる実写 映像の魅力にとりつかれる。南里幸氏と知り合ったのもこの頃。

その直後、前作品の反動からか、村上龍氏の原作を映画化した「ラブ&ポップ」(’98)で実写商業映画を初監督。改めて、実写映像と新たな実写現場の魅力にとりつかれる。公開後、友人に誘われ、米国、韓国以外では初めての海外、モロッコ・サハラ砂漠方面 を旅行。おまけのトランジットによりロンドン、フランクフルトの空気だけは吸う。広大な砂漠の魅力にとりつかれる。

続けて、津田雅美氏の少女マンガを原作としたTVシリーズ「彼氏彼女の事情」(’98)を監督。同時にガメラ3のメイキングビデオ「GAMERA 1999」の総監督。これまでにない物理的多忙を経験する。

そして2000年、最新作「式日」(藤谷文子原作)で再び、実写映画を監督。初めて35mmフィルムの映画制作を経験し、映像の持つ作品と現場の持つ更なる魅力にとりつかれる。

その後、「松たか子」のプロモビデオや久々のアニメ「アニメ店長」、ショートビデオ「流星課長」等の短期集中型の仕事が続く。

2002年3月26日、漫画家の安野モヨコと入籍、結婚。妻帯者としての人生を初めて経験。その後、周囲の人たちからは、身も心も変わった(身は痩せて、心は丸くなった)と言われる。

2002年6月、結婚を機に。車に乗り始める。車の運転がコミュニケーションの場としてとても面白いことに気付く。

2002年秋から始めた「エヴァ」のリニューアル作業は結果的に膨大な量になり、半年近くを費やす。

そして2003年春。2000年の秋から始めていた「キューティーハニー」がようやく本格的に動く。企画に2年以上かかったが、実作業は半年という現実の中、2003年12月にDLP版が完成。その作業中、自分にとっては、初のミニチュア特撮シーンのラッシュを観て感涙。自分は本当に特撮が好きなんだと改めて認識する。

その後、実写版ハニーのスピンオフであるアニメ版「Re:キューティーハニー」の総監督、CM、映画出演やヒト様の手伝い等をしていく。

2006年5月、新たな映像企画製作会社、株式会社カラーを設立。

2006年9月には映像制作の場として、スタジオカラーを立ち上げる。

一年後の2007年9月、第1回製作作品 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 が公開。

2007年10月、株式会社ガイナックスを退社。

最後の4ヶ月間はまるで家に帰れないギリギリの制作状況のなか、2本目のフィルムが完成。無事、初号をむかえる。

2009年6月「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開。

またしてもギリギリの制作状況の中、3本目も完成。2012年11月「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開。

現在は、「シン・エヴァ」を鋭意制作中。